バス運行における注意

バスの運行における法律

高速バスの運行に関する法律

高速バスに乗る際は、今まででしたら、シートベルトをそこまで着用しなくてもよかったですが、法律の改定により、シートベルトの着用を義務付けされました。乗車の際は、必ずシートベルトの着用をしてください。自分の命を守るためなので、きちんと着用してください。また、運行に関しては、道を走っている以上渋滞等で到着が遅れる場合があります。この面に関しては、運行上仕方のないことです。バスに乗る際には、そういった部分を考慮した上で、乗車することをオススメします。乗車のマナーを守って、乗客の方々が、快適な旅になるように、みなさんで心がけましょう。

バスを運行するにあたる法律

バスの事故を防ぐために、運行時のルールが大切です。乗客の大切な命を守るためには、運転手が常に集中して運転することが大切です。事業所の利益やツアーの時間を守るために、運転手に無理な運転をさせることのないように法律が定められています。運転手が1人で運転できる距離は、昼間で500km、夜間で400kmとなっています。休憩は、高速道路については概ね2時間に1回、夜間運転時は、連続20分以上の休憩、400km以下の走行予定の場合は、連続15分以上の休憩を取る必要があります。バスの運転手はたくさんの乗客を乗せているため、集中力が途切れないように定期的に休憩を取ることが法律で定められています。

バスの法律が丸わかり情報

新着情報

↑PAGE TOP